BMTSプログラムの人気の秘密を検証

これからインターネットビジネスを始めようと考えている人にとって、初めての教材はとても重要です。一方的に読ませるだけの教材にお手上げで、中には数年前にもアフリエイトを手掛けたけど、挫折してしまったなんて人も少なくないはず。

ネットの世界の変化と進化はすさまじく、昨日の常識も、今日は古い情報だなんて事がザラな世界。  

数多有るビジネススクールや教材の中で、BMTSの生徒達は仲間どおしでひときわワイワイと楽し気に、日々収益を上げ続けているのは何故でしょうか。
BMTSの生徒達が、将来的にビジネスライバルに成りうる、インターネットビジネスを考えている人達に、BMTSを喜んで勧める魅力は何処なのか。

なぜBMTSプログラムが10年以上も支持され、成功者を輩出し続けているのか、その理由も検証していきたいと思います。

1BMTSプログラムは何の略?

2BMTS生は何故いつも楽しそうなの?

 

3BMTSの人気の秘密は?

 

4まとめ

BMTSプログラムの意味

BMTSプログラムとは一体何でしょう

business mentalpsychological technique school program)の略だそうです。直訳すると、「ビジネスに必要な精神心理学の技術を学ぶプログラム」と言うトコロでしょうか。

名前からして単にビジネスのノウハウやスキルを学ぶ為だけのプログラムとは基本的に異なるようです。

教材の柱はNLP

インターネットビジネススクールと言う括りでも、情報商材と言う括りでも、BMTSの基本は「人間」「自分」の本質、潜在意識のなかにこそ「成功への道」があると考えています。

教材の柱が「NLP」(ニューロ言語プログラム)であり、人とのコミュニケーション、自分の内面との対話、よりよい人間関係の結果がビジネスに反映されると捉えて良いと思います。

BMTSは何故いつも楽し気なのか

いつも楽しそうなBMTSの人々

お互いがライバルのはずの生徒達。少しでも人より多く儲けて、のし上がろうとするのが、この社会においては一般的なビジネスのイメージです。

BMTSは生徒どおしが非常に仲が良く、教え合い、認め合いながら切磋琢磨し、自分自身を高める努力を惜しみない。むしろワクワクしながら楽しんでいる。

NLP(ニューロ言語プログラム)に秘密が

生徒どおしがコミュニケーションを取ることがプログラミングされています。スキルや経験を、お互いに伝え合う中で、尊敬や信頼が生まれ自身の内面も発見したり、進むべき道、やらねばならぬ事を自ずと理解できる。

押し付けじゃなく、無意識のうちに自己を向上させて行くプログラムなのですね。挫折者が出にくいのは納得です。

BMTSプログラムの人気の理由

成果が日々上がる事実

日々、上がる成果報告。学ぶ最終目的は収入。実際に日々収入が出ている実績は凄い。ただし、BMTS教材を手にしただけで、即、成功が手に入るなんて考えは、お門違い。

美味しそうなケーキを目の前に置くだけじゃ、どれほど甘いか、苦いかなんてわかりませんよね。英語の教材を買って手元に置いただけで、英語が喋れるようにはなりませんよね。

良い教材は使い倒してこそ、その価値が分かるのです。

要するに、成果に結びつけるのは自分自身という事です。

初心者にも活用し易い教材

PDFの他、オーディオコンテンツや動画が充実しており
隙間時間にも手軽に学び易い

破格な授業料 

NLPの充実したプログラム(自己啓発、成功哲学、マインドセット)、+ビジネスに役立つ『正攻法の成功法』と『ies(ゼロスタート教材)』が全て含まれたプログラム。これらは、一般的に一つづつ受講したら、数百万の費用が必要な所、3年間のフォローが有って、35万弱は破格な授業料。

成果を喜び合える環境

成果を伝えたり、互いの成果を喜び合える、努力を認め合える環境がある。

それぞれに努力している事をお互いが充分理解しているからこそ、仲間の成功を喜びを分かち合える。

講師の人柄

講師の角谷リョウ先生のお人柄も人気の一つ。
「1万人の成功者を出して、皆と共に、ディズニーランドを借り切り、喜びを分かち合いたい」と公言を憚らない。

受講期間を3年と長い受講期間に設定するところにも、一人でも多く「成功させたい」、「成功して欲しい」と強い意志と広い懐を感じる。

BMTSプログラムのまとめ

・BMTSプログラムはNLPとインターネットビジネスのノウハウを合わせた教材である。

・NLPはビジネスのみならず、社会生活に役立つ 

・BMTSプログラムは内容から考えると、破格な価格

・BMTSプログラムは、3年もの長期間、成長成果をサポート

・BMTSプログラムを受講したすべての人が挫折なく、稼ぎ、成功するように設計されている

BMTSに興味が湧いてきました?もしBMTSプログラム教材『ies(ゼロスタート教材)』を見てみたい方覗いてみてください。

BMTSプログラムをもっと知りたい方は、こちらをどうぞ⇩クリック

Hosituki Yuuri
hositukiyuuri@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です